スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なめちゃいけない「英」語

今週火曜日から、ようやく新TOEICに向き合い始めました。
次回TOEICが来週末に迫る現状を考えると、完全に出遅れてますが。

とりあえず取り掛かりはじめたのが、
新TOEICテスト一発で正解がわかる
です。
一通りやって思い知らされたのが、
だいぶクリアに聞き取れ始めたと思い始めたリスニングだったのに、
また大きな課題が登場~!・・ということ。
かつてのパート4が、微妙に形を変えて、
パート3&4の60問に拡大してるんですよね。苦手なのに・・
それに追い討ちをかけるのがアメリカ以外の英語音声。
先日も書いたことですが、1つだけ明らかに発音がアメリカと違うのがあるのです。
Theyが「ゼ」もしくは「テ」にしか聞こえない、とか。
nightが「ナット」にしか聞こえないとか。
いや、アメリカ音声になれた耳で聞くと、笑えるくらい違うこの音は何!?
どーしても気になり、パソコンで
-イギリス(BBC
-オーストラリア(ABC
-カナダ(CBC)
のLIVE音声を聞き比べて見ました。
オーストラリアの発音はなんだかクセがあると聞いたことがあったので
絶対それだろうと信じていたのですが、
オーストラリアを聞く前に、「コレだ・・」と感じたのは

・・・イギリスの発音でした。

イギリス?
そりゃ、「英語」と「米語」とかいうし、
発音が違うのは知っていたけど・・・
海外旅行すればBBCニュースをホテルで見たことあるし、
実家のWOWOWでもやってるし、
ブレア首相の演説や、故ダイアナ妃のインタビューとか、
ましてや映画版ハリーポッターは完全にイギリス英語ですよね?
それなのに、こうして真剣に聞こうとして聞き比べると、
やっぱり、ぜんぜんちがうんですよ。
100%ダメというわけではないけど余計な神経を使います。
まだオーストラリアのほうが全体的に素直に耳に入ってくる感じ。
TOEICのパート3と4は
アメリカ英語ですら必死になって聞いている状態なので、
この余計な神経を使うのはあまり英語に余裕のないJIPPOにとっては
完全にマイナスです。
おかげで今回の模試の回答率は

パート3:63%
パート4:53%

・・・・・ありえん。
とりあえず、BBCを流しっぱなしにしてブログを打ってみましたが・・
あんまり意味ないかも~




ランキングです。押してくれるとうれしいです


スポンサーサイト

テーマ : 英語
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、と色々比較して聞いてみるとどれも違うように聞こえます。さらにアメリカ英語だけ取っても、地方によってかなり違いがあるでしょう。イギリスでもそうです。

私の場合、comfortableに聞くことができる英語は、アメリカの北部とカナダあたりの非常に限定されたものでしかありません。しかしそれは、ネイティブにとっても程度の差こそあれ同様だと思います。ここにインド人の英語やアジア・ヨーロッパ各国のノンネイティブが話す英語が加わってくると、もう無力感に襲われます(笑)

どこかのサイトで、このような様々な国の英語に対応できる力のことを、英語力の「幅」と呼んでいる方がいましたが、言い得て妙だと思いました。

頑張ってますねー。気分萎え萎えの私とは大違い。気力を頂かねば。

ニュースなんて分からん、とまともに聞いたことが無かったのですが、BBCに興味を持ってちょこっと聞いてみました。
やっぱり何言ってるわかりません。単語知らな過ぎますから。(笑)
でも、私が英会話教室で聞くイギリス人講師の英語は、私が聞いてみたBBC風じゃなくて、"マイアミ7"の音が目の前で繰り広げられます。もちろんその時は聞き取りに必死です。

悪評はいっぱいありますが、JIPPOさんもNOVAにすれば良かったのに~。(笑)
いろんな国の英語が聞けて(講師の入れ替わりが激しい分余計に)、違いを楽しめたんじゃないかと。
同じアメリカ英語でも、○○(地名)の訛りが~と言ってる生徒さんも居ましたが、さすがにそこまでの違いは私には分かりませんでしたが。

じゅんや さん

日本人が、いろんな方言や、外国人の話す日本語に
ある程度(限度はありますが)対応できるのと一緒で、
英語力も伸びていくとそういうのに対応できるのかもしれないですね。
しかし、それを考えると、いまさらですが英語の道は本当に果てしないなぁと思うし、
TOEIC程度の英語を必死にやるようなレベルの人間そういうのを
求めるのって・・・酷だぁ~と叫びたくなるのですが・・
ちなみにFluentな同僚Mに言わせると彼女はインド英語とSinglish(シンガポール英語)
は本当にわからないと申しておりました!


paraさん

NOVAにはそういうメリットがあったんですね!!
うまく利用している人もいるみたいだし、利用の仕方さえ考えれば
意外に鍛えられていいのかも?
BBC難しくないですか!?私なんて、簡単な単語すらも聞き逃しているので、
難しい単語なんて無理無理・・というか簡単な単語が聞き取れても、
発音の違いで思わずクスっと・・となってその後を聞き逃す・・もう何とかして~(涙)
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログリンク

プロフィール

JIPPO

  • Author:JIPPO
  • 年齢:30代突入後3年経過
    職業:会社員
    生息地:首都
    義務教育&大学の一般教養
    のイヤイヤ英語から10年。
    そこそこOL脱出をめざし、
    英語再開。たまに仏語モードになりつつ、
    英語と格闘する日々の記録です。

    (現レベル)
    ■英検2級 
    ■TOEIC930
    ■フランス語検定準1級
    ■旧DELFのみ制覇

    (2007年の目標)
    □TOEIC900超(←達成)
    □転職(←達成)
    □仏検1級
     (08年以降持ち越し・・涙)

    (TOEICの推移)
    2005年
    01月 T515 (L300 R215)
    03月 T530 (L305 R225)
    ~DELF前プチ仏語期間~ 
    06月 T550 (L350 R200)
    07月 T635 (L365 R270)
    09月 T670 (L390 R280)
    10月 T760 (L405 R355)
    11月 T700 (L410 R290)
    2006年    
    01月 T720 (L400 R320)
    03月 T805 (L440 R365) 
    05月 T810 (L420 R390)
    06月 T840 (L425 R415)
    07月 T845 (L445 R400)
    09月 T820 (L435 R385)
    11月 T870 (L450 R420)
    2007年
    01月 T860 (L440 R420)
    03月 T775 (L395 R380)
        ↑事件発生(涙)
    ~仏検前プチ仏語期間~
    09月 T920 (L495 R425)
    10月 T930 (L470 R460)
    11月 T930 (L470 R460)

    当ブログは無断リンク
    大歓迎です♪
    You can link to my blog
    without permission.

最近のコメント
リンク
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
全記事(数)表示
全タイトルを表示
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。